万引きしたとの疑いで警察官から取調べを受けているときに,怒鳴られたり,椅子を蹴られたりします。私は何も悪いことをしていないのに,万引きしたと私が言うまで取調室から出さないというんです。怖いし,早く終らせたいので,万引きしました,と認めた方がいいですか。

認めてはいけません。もし認めた内容の調書が作成されてしまうと,あなたが万引きをしたことを自白していることを前提に刑罰が科される恐れもあります。この自白を後で覆すことは非常に困難です。
そこで,ご質問のように,怒鳴られたり,あまりにも取調べが長期間に及ぶ場合は,体調が優れないことを理由に取調べをやめるように要請してください。そして,ただちに弁護士に相談して対処をお願いしてください。
それでも取調べを続ける場合は,その警察官がどのような対応をとっていたか,どのような言動をしたかについてよく覚えておき,メモに残してください。警察官がそのように怒鳴ったりして,あなたに無理矢理罪を認めさせようとしているのは,有力な証拠がないと警察官が考えているからです。もし有力な証拠があれば,あなたが認めようが認めまいがあなたを有罪に出来るという確信があるため,そのようなことはしないからです。
また,そのような取調べに基づいて,あなたの体験・記憶や真実と異なり、あなたの意にそわない調書を見せられましたら,絶対にその調書に署名捺印をしないでください。署名捺印は,調書の内容が正しい,あなたの言ったとおりである,ということをあなたが認めたことの印です。認めたくないのであれば,署名捺印する義務はありません。
いずれにしても,どうすればいいかわからなくなったときは,すぐに弁護士に相談してください。

アクセス

立川駅南口徒歩3分

東京都立川市柴崎町 2-1-9
中島ビル 3 階(地図はこちら

交通

  • JR中央線、青梅線、南武線「立川駅」南口徒歩3分
  • 多摩モノレール「立川南駅」3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい