5年前に協議離婚をして、月10万円の養育費を支払っていました。しかし、不況で会社が倒産して職を失い、養育費の支払いが困難になりました。養育費の減額を求めることはできますか?

離婚の際に養育費の金額を合意したとしても、合意がなされた当時には予測できなかった事情の変更が生じた場合には、養育費の原稿を求めることができます(民法880条)。養育費の金額の変更は子の監護に関する処分の1つなので、家庭裁判所に調停又は審判を申立てることになります。
事情の変更として考慮されるのは、夫婦の一方又は双方の収入の増減、大きな病気や怪我、再婚、子供の進学による教育費の増減などです。具体的な金額は、離婚の際に養育費を定めた場合と同様に、事情が変更した後の双方の収入に基づき、養育費算定表をベースに定められることになります。
会社の倒産は予測できなかった大きな収入減少にあたりますから、養育費の減額を申立てることが可能です。

アクセス

立川駅南口徒歩3分

東京都立川市柴崎町 2-1-9
中島ビル 3 階(地図はこちら

交通

  • JR中央線、青梅線、南武線「立川駅」南口徒歩3分
  • 多摩モノレール「立川南駅」3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい