私が職場の同僚と浮気をしたことで、配偶者から離婚すると言われました。慰謝料を要求されているのですが、支払う義務があるのでしょうか。また、どのぐらいが相場なのでしょうか。

慰謝料は不法行為(民法709条)に基づく損害賠償ですから、単なる性格の不一致で離婚する場合には発生しません。慰謝料の請求には、不貞行為や暴力行為(精神的なものを含む)、虐待などの有責行為の存在が必要です。浮気は不貞行為に当たるので、婚姻関係が破たんした後の浮気でない限り、配偶者には慰謝料の請求権があります。
慰謝料の額は、有責性の程度、背信性の程度、精神的苦痛の程度、婚姻期間、婚姻破たんに至る経過、当事者の年齢、社会的地位、支払能力、子の有無などの事情を総合的に考慮して決定されるので、算定表のようなものはありませんし、具体的な相場もありませんが、裁判例では数十万円から300万円ほどのものが多くみられます。浮気の場合は、浮気の回数、期間、程度、浮気相手音関与の程度、浮気以外の離婚原因の有無などを考慮した上で、具体的なケースに応じて決められているようです。

アクセス

立川駅南口徒歩3分

東京都立川市柴崎町 2-1-9
中島ビル 3 階(地図はこちら

交通

  • JR中央線、青梅線、南武線「立川駅」南口徒歩3分
  • 多摩モノレール「立川南駅」3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい