任意整理(概要、メリット・デメリット)

任意整理とは?

任意整理とは、利息制限法の上限金利(15~20%)で、引き直し計算を行って正確な債務の残元本を算出し、原則として、元本のみを3年から5年程度の期間で分割返済する内容で債権者と和解し、債務を返済していく方法です。任意整理を弁護士に委任し、金融業者に受任通知が送付された後は、債権者からの直接の取立ては止まり、返済も一時的にストップさせることができます。

また、引き直し計算の結果、借入元金の返済が終わっているにもかかわらず、利息を払い続けていた場合には、払いすぎた利息の返還(過払い金)を求めることができます。

なお、最近は、債権者である貸金業者の財務状況から、元本に利息を付けることを強く要求されることも多くなっております。当事務所としては、元本のみあるいは利息を減らすよう尽力しておりますが、この点はご留意ください。利息額が大きい場合には、個人再生手続の方が望ましい場合もありますので、常に任意整理と個人再生との比較を意識された方がよろしいかと思います。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

  • 弁護士から金融業者に対し受任通知を送付した後は、金融業者は直接の取り立て行為が禁止され、返済も一時的にストップできます。これにより、ご依頼者様は落ち着いた生活を取り戻すことができ、今後の返済計画を立てることも出来ます。
  • 特定の貸金業者のみ選択できるますので、一部のクレジットカードを持ち続けたり、そのまま借金の返済を続けていくことが可能であり、また、破産のような資格制限はありません。なお、資格制限がない法的手続としては個人再生があります。
  • 法的整理である破産や個人再生と異なり、氏名、住所が官報に掲載されることはありません。
  • 破産と異なり、保有財産(特に不動産や生命保険など)の処分を強制されません。
  • 法律(利息制限法)による引き直し計算により、元本が減額されたり、また元本を超えて返済していることが判明した場合はその過払い分の返還を求めることができる場合があります。

任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に登録(5年~10年間)されるため、その間は新規の借入れやクレジットカードの利用が困難になります。もっとも、任意整理は、本来の契約通りに返済ができないときに長期分割で返済を行っていくものですので、やむを得ないことといえます。
  • 債権者が任意整理の提案に応じない場合には、遅延利息が発生し最終的な返済額が増加する可能性があり、また、任意整理の交渉が進まない場合には、債権者から訴訟提起されることがあります。
  • 任意整理を利用できる条件として、一定の収入が見込まれることや、その収入で3年ないし5年程度の期間で分割返済可能な残元金の額であることが必要となります。任意整理の利用が難しい場合には自己破産や個人再生手続の利用を検討することになります。
  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

立川駅南口徒歩3分

東京都立川市柴崎町 2-1-9
中島ビル 3 階(地図はこちら

交通

  • JR中央線、青梅線、南武線「立川駅」南口徒歩3分
  • 多摩モノレール「立川南駅」3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい